交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  どんな時に行政書士に依頼する? >  どんな時に行政書士に依頼したらいいのか?

どんな時に行政書士に依頼したらいいのか?

交通事故の内容が、それほど特別のケースでない場合や

加害者に誠意があれば、ご自分で示談交渉をされた方が

いいと思います


ただし、知識が無く交渉慣れしていない人が

一人で交渉していくと、保険会社や加害者の

言いなりになる可能性がありますよね


そこで、


・加害者の提示額は正しいのか?

・私は、「どんな項目」で「いくら」請求する権利があるのか?

・後遺障害の認定等級は本当に正しいのか?


などなど、交通事故に関するあらゆる問題を解決したり、

交渉のやり方等をあなたの後ろでバックアップ

してくれるのが「行政書士」です


「後ろでバックアップ」なので、弁護士のように

代理人として相手と直接交渉は出来ませんが、

「ブレーン」として、非常に頼りになる存在です


もちろん、専門的な書類作成もやって頂けるので助かります

また、最初に提示された加害者からの提示額より

賠償金額が増えるケースも多いです


ただ、裁判になった場合はバックアップが出来ませんので

その場合は、弁護士を紹介してもらいましょう


また、示談成立前に、これも読んでくださいね
↓↓
示談交渉を圧勝に導いた体験者が暴露する!
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル


■行政書士費用は加害者に請求出来るの?


行政書士への依頼に掛かった費用は

通常「自己負担」です


弁護士費用に比べるとそれほど高い金額ではないので、

その辺りは安心出来るでしょう

(行政書士によって、いろんな料金体系の取り決めがあります)


被害者としては、事故によってかかった費用は

全て加害者に「払ってもらいたい!」という

気持ちなのですが・・・


また、行政書士に依頼する場合も弁護士同様「着手金」

必要になるケースがあります。よく検討して依頼しましょう

(着手金は5万〜10万前後です)


以下の情報を手に入れれば、行政書士に依頼するより安く済みます
↓↓
示談交渉を圧勝に導いた体験者が暴露する!
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル



あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

どんな時に行政書士に依頼する?

関連エントリー

どんな時に行政書士に依頼したらいいのか?




管理人おすすめサイト
このサイトはなぜ支持されるのか?
その圧倒的な人気の秘密とは??
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト